株式会社千葉裕ドット超夢

 【ファンキーダイビングワールド】のスタートは、1981年に東京・世田谷の経堂に、ライブの聴けるアメリカンパブとして始まりました。当時、店の中にダイビングチーム『ファンキー』があり毎週のように真鶴の海にチームで通ったものでした。思えば、その店が現在のダイビング事業の前身にあたります。

 それから飲食店にとどまらず、多方面に渡り『遊び』をプロデュースする様になり、1992年に本格的にダイビング事業に参入しました。

 株式会社ファンキーストリートにてダイビングスクール業務を、そして別会社、株式会社ファンキークルーズを設立し、ダイビング器材メーカーとして器材卸を同時スタートさせたのです。
 
 2009年からは、ダイビング事業全体を(株)千葉裕ドット超夢がプロデュースしています。




株式会社千葉裕ドット超夢
代表取締役旅人:千葉 裕(ちば ひろし/Hiroshi Chiba)
[E-Mail: chiba@funky-dw.com]
【千葉裕の遊びが仕事で仕事が遊び】ページはこちら >>


<< 戻る